Mulan Digital Publishing

マグノリアでは、電子書籍を刊行しています。「Mulan」では、絶版になってしまったけれども、キラリと光る良い本を発掘していきます。

電子書籍

大火砕流に消ゆ: 雲仙普賢岳・カメラマンの生と死の狭間から見えるもの (Mulan)

1991年6月3日16時8分、長崎県島原半島にある雲仙普賢岳で大火砕流が発生した。その日、「火の濁流」に呑み込まれた報道陣の数は約20名。警戒にあたっていた消防団員や避難できなかったタクシー運転手など地元民を含めると、43名の命を奪う大惨事となった。本書は、若き日の江川紹子氏が、現場の最前線に立っていた報道カメラマンひとりひとりの人生を丹念に追うことで、ジャーナリストとして持つべき危機管理や自己責任のあり方をも問うている。

  • 価格:¥619
  • 出版社:マグノリア
  • 発売日:2015/8/2

『日本の財政の「真実」』: なぜ消費増税は必要なのか (Mulan)

消費増税はなぜ必要か。財政破綻が叫ばれて等しいが、それはいつ、どんな背景があってのことなのか。年々増えるといわれる社会保障費はどうなるのか----。 現役財務官僚である著者が、国民の持つさまざまな疑問に対してわかりやすく説明する。 果たして増税なくして、日本の財政破綻は免れるのか。そもそも、日本の財政はどうなっているのか。 財務官僚は本当に悪人なのか。それらの疑問に対する判断を下す前に、まず本書を読んでいただきたい。 電子書籍化にあたり、主にキャリアアップサイト「Mulan」(mulan.tokyo)で 連載されていた原稿に大幅な加筆・修正を加えただけでなく、最新の図表もふんだんに盛り込んだ。

  • 価格:¥429
  • 出版社:マグノリア
  • 発売日:2015/11/15

個人投資家の逆襲: 金なしコネなし知識なしの弱小投資家が判例100選に載るまで (Mulan)

本書には、「株で、短期で、大きく儲ける!」といった甘い言葉はいっさいない。むしろ、株式投資で被害を受けた人たちが泣き寝入りすることなく、少しでも元手を取り返せるような実務的な方法が、著者の経験したいくつかの事件をトレースする形で書かれている。 経済が活況を取り戻したとはいっても、庶民の生活は不安だ。老後の心配も尽きない。株式投資は長期で手堅く行えば、私たちが、老後を生き抜くための大事な資金になり得る。 しかし、そこに大きな落とし穴があることもまた確かなのだ。 本書では、そうした落とし穴にはまってしまった時にどうすれば良いのかも教えてくれる。 株式投資を行っている人には、ある意味、珠玉の情報が満載だ。

  • 価格:¥602
  • 出版社:マグノリア
  • 発売日:2015/12/25

新刊

ヒラリーをさがせ!

選挙の顔が「日本の顔」になる日が来るのか。野田、小池、高市から片山さつき、佐藤ゆかり、丸川珠代まで、女性議員への直撃取材で掴んだ、「政治は女に向いた職業か?」。

  • 価格:¥767
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2008/01

女性国会議員の取材から垣間見える、女性フリー政治ジャーナリストの苦悩

おすすめ度:★★★★★

フリーの女性ジャーナリストが描く小池百合子、丸川珠代、佐藤ゆかり、片山さつき(敬称略)といったメディアで話題となった女性国会議員9名のルポ。ただひたすらに、政治の世界:敷居高く、かつ男尊女卑の典型的な世界にどんな動機や思想をもち、どんな手練手具を使いながら女性として入り込んでいくのか、という視点で描かれています。もっと見る

私が愛した官僚たち

霞が関一お洒落でスマートな財務官僚。情熱的な「霞が関のラテン系」経産省。女性と見れば口説くドンファン、外務官僚。有望株ほど「代議士転進」する不思議。「同期に一人」自殺者が続発する理由。新進女性ライターが見た、エリート官僚たちの生態。

  • 価格:¥1,526
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2007/2/27

地道な取材活動の集大成

おすすめ度:★★★★☆

著者の横田さんにお会いしたことがあるが、特に財務省(出身)の若手と人脈を持っている方で、霞が関を中心に地道な取材活動を続けている。その集大成が月刊現代の「霞が関人事興信録」であり、この「私が愛した官僚たち」である。この本では、特に財務省などから政界に転じた人たちに焦点を当てて、国の役人という種族がどのような特質を持っているのか、なぜ我が身を捨ててそんなにも一生懸命働けるのか、どうして政界その他への流出が最近激しいのかなどの問題意識について、掘り下げて取材した結果をうまくまとめている。もっと見る

官僚村生活白書

天下り、渡り、談合、利益供与と、事あるごとに国民からは批判され、民主党からは蛇蝎のごとく嫌われた、彼ら官僚たちの赤裸な生態。国の中枢を担う「スーパー公務員」たちはいったいどんなことを考え、どのような日常を送っているのか?新聞等の報道ではさっぱり顔の見えてこない、その素顔と本音を描く。

  • 価格:¥1,404
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2010/6

卒業生が生の声で語る「名門校」

おすすめ度:★★★★☆

官僚について書かれた本を何冊か読みましたが、この本はリアリティという点で優れていると思います。普段から官僚の方々と付き合って、その実態に迫ろう。感情論を拝して客観的に書いていこうという著者の姿勢に好感を持ちました。もっと見る

最新の記事