2015年3月25日発行

【新・株主総会ライブ】GMOインターネット〜他社と同じ株主総会はしたくない

同社HPより

【3月25日、mulan=東京】


■10年で98%の会社が消える


(挨拶)
帝国データバンクの調査では、5年で7割、10年で98%がなくなる。他社と同じことをしていては、カイシャはなくなってしまう。

他社と同じことはせず、いつもナンバーワンのことをする。これがポリシー。
他社と同じ株主総会はしたくない。短い時間ですがよろしくお願いします。

開催します。

(議決権の状況)
総株主34673 議決権1177947
出席株主6140 議決権754547

(監査報告)
指摘すべき事項なし。法令定款に適合。

(営業報告)

10時20分 経営戦略
2社が新規上場したので、社長より挨拶 
 GМОリサーチ3695 細川社長
 GМОテック6026 鈴木社長

・プライムがクリックに変わる。26日に株式交換

・作家の作品を売る「ミンネ」が重点戦略となる

(海外戦略)
急進しているが、まだ3%程度。ゼットドットコムでの世界戦略。5割に引き上げたい。

(業績予想)
売り上げ 1210億円
営業利益 143億
利益 65億円
全項目で2ケタ成長を達成。

配当21円。


■他社の実績がプラスになるかわからない


(10時38分、質疑応答開始)

問1 クリックの利用者。地方証券の取り扱いがない。そのあたりのサービスの拡充は核が得ているか。
答1 NISAは4月6日に始めた。稼働率も比較的高い。今後商品の拡充とともに取扱い商品を増やしたい。
札幌証券取引所、名古屋証券取引所は、ニーズが少ない。今後検討したい。

 熊谷 挙手願います。結構いますね。アンケート取ってください。
 鬼頭 以前のアンケートでは、安いのが魅力だということだった。

問2 以前、1億円に減らしたのに、また50億円に増やすのか。
答2 以前の減資は、財務戦略の理由。今回はグループも拡大し、基盤が拡充した。当初の目的は達した。

問3 社外取締役2名に増やす。増やさない場合には理由を述べよ。また、岩倉氏が社外取締役である。企業経営者の方を社外取締役にしたらどうか。
答3 役員は株主から指名されて、会社を成長させるための役員である。社内社外関係なく、成長に資する役員が一番良い。

他社で実績があるからと言って、当社の成長にプラスかどうかわからない。私は最大株主として、1番よいメンバーを選んでいる。指針は守ります。

問4 とくとくBB使っているが、納入まで長い。縮められないか。注文が届いたかどうかも不明。
答4 おそらく、くまぽんの話だと思います。不手際は対応します。

問5 親子上場について。親子上場させると、親に入る金が少なくなる。ホールディングにしたらどうか。
答5 一般論としてよろしくないということは認識している。20歳前半から起業を志していた。
研究の結果、企業グループは、グループ全体で、多数の企業が上場している。三菱や住友は多数上場している。

しかし、50年後はどうか。結果として高い成長がされ、利益は増える。持ち分が半分になっても倍に成長すれば同じ。

問6 5割は維持するのか。
答6 現段階では、当面、連結を維持する。もっとも、歴史的には、三井や住友のように持ち分割合は低下していくだろう。

問7 クリックを使っている。NISAは、他社を使っている。投信の扱いがない。土曜日に開くとつながらない。
答7 投資信託は何度も検討したが、4000本ある。手数料が高い。基本は長期運用。手数料が2%かかっていると資産が増えない。

別の形で、長期運用に耐える商品を開発している。メンテナンスが長くかかっている。改善したい。

問8 借入金、120億円。現金695億円。利息が3億円。借入金減らせないのか。
答8 ROEをよくするには、借金をした方がよいがリスクもある。バランスの問題もある。また、金融事業をしているので、金融機関と良好な関係を築いている。彼らは困った時には貸してくれないので、普段から借りておくしかない。


■金融機関は困った時には貸してくれない


(第2会場からの質問)

問9 くまぽんの苦情。マッサージの予約ができない。返金できない。やっていることは三流だ。電話番号を載せていない。
答9 強く改善を指導する。予約できないようなところは掲載しないようにします。連絡先は掲載させます。

問10 取引の回数はメインだが、預け入れはSBI。同証券は貸し株の制度がある。貸し株をやってほしい。
答10 社内には検討をスタートしている。システムをいじるのですぐには無理だが、やります。
熊谷 私も野村などに預けている。

※あと2問でお願いします!

問11 常連株主です。クリックの法人口座について。優待が使えない。優待が紙くずになっている。
答11 法人口座はFXのみ。現在予定なし。信用取引の際、実績を考慮して進める。今のところ個人だけ。再検討したい。

問12 取締役の報酬。増額するようだが、具体的に何をするのか。
答12 人員の強化は、業容に合わせて強化している。報酬は、全員の報酬額が見えるようになっている。

目標も達成度合いもすべてガラス張り。役員報酬は、熊谷を除く幹部役員が報酬委員会を作り、決めている。理論的には、フェアーなもの。15段階のポイントにより自動的に決まる仕組みである。業容が伸びると役員報酬が変わるので枠を拡大した。


11時25分質疑終了。採決。全議案可決。

最後に、役員から挨拶。【了】


山口三尊(やまぐち・みつたか)
1967年、東京都出身。私立麻布高校、中央大学法学部卒業。資格試験予備校講師の傍ら、カネボウ、レックスHD株をめぐる裁判で勝利。カネボウ個人株主の権利を守る会代表、アドバンテッジ被害者牛角会代表、東宝被害者の会、ローランド被害者の会代表。不動産鑑定士試験合格。個人blog、「アドバンテッジ被害牛角株主のブログ」(http://blog.livedoor.jp/advantagehigai)より、本人の許可を取った上で転載。


新・株主総会ライブ マネー