2016年6月7日発行

【新・株主総会ライブ】いちごHD〜スコット議長、私は目の前にいて皆さんの声を聞いている。

いちご桐生奥沢ECO発電所

【6月7日、mulan=東京】


5月29日(日)午前10時~、第一ホテル(東京・新橋)にて。

■村井恵理常務執行役より開会の挨拶、役員、最左翼のスコット・キャロン代表執行役より準に挨拶。岩崎謙治代表執行役会長は欠席。スコット代表より、熊本自身の被災者に哀悼の意。
 議決権を有する株主数  3万5828名
 議決権数        501万6332個
 出席株主数       6050名
 議決権数        370万4640個

■報告事項 10時05分~
長谷川拓磨代表執行役社長より説明。事業の状況、財産の状況は記載の通り。中期経営計画。
東証一部への市場変更。成長投資の拡大。いちごホテルリートの成長をサポートするためのリートブリッジ案件、バリューアップ案件への積極的な投資、クリーンエネルギー事業の黒字化達成。太陽光発電所135・125メガワット、21・45メガワット。運用資産の環境対応、耐震性、機能性の向上。高水準の物件管理サービス提供、リーシング強化。不動産運用における個人顧客向け取り組み。借入金の調達期間の長期化、金利の提言等、条件の改善。資産の売却による資金回収と売却益の獲得。いちごブランディングの積極推進。

 売上高  496億9900万円
 営業利益 154億1700万円
 経常利益 138億8900万円
 当期純利益129億2500万円
 当期配当 2円+1円=3円(期末配当)

■対処すべき課題
成長と深化により持続的に成長わ果たし、企業力をさらに深掘りし、次の成長エンジンとする(新中期経営計画「PowerUp2019」)を策定し、完全実現に向け、重点施策を実施。
・本業のさらなる強化と深化による強力な収益基盤の構築
・新規事業の創出
・財務基盤の強化
JPX2 上位200社LINEを目指す。減配せず、維持、増配、配当の成長。

■監査報告
藤田哲也監査委員より監査の方式は相当。

■決議事項 10時20分~
第一号議案
・いちごブランドの訴求を目的として、「いちご株式会社」に変更。
・経営理念。日本を世界一豊かに。その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」。

第二号議案 
取締役9名選任の件。新任取締役は自己紹介と抱負。
川村隆 コーポレートガバナンスの世界標準
松崎正年 取締役議長として持続的な成長できるように監督
西本甲介 上場企業として守りのガバナンスと攻めのガバナンス。

■質疑応答 10時30分~

質問 役員選任の件。岩崎さん出席していないし、再任もされていない。理由。へそまげてこない理由でもあるのか? 営業キャッシュフローが340億とあるが、決算短信では440億マイナス。不動産仕入れとあるが、こんなにたくさん仕入れて大丈夫なのか? プラスになるのはいつか?

答え 岩崎は大変大切な者ですし、昨年までは会長と社長を兼務。重い病気で治療を受け続けているので、業務執行可能だが、取締役会から退席する。彼の力のある限りやってもらう。
営業キャッシュフロー、ご安心ください。営業上減ってしまう会社が難しい場合もある。不動産取得後、価値向上し、売却する。会計上、営業扱いなのどマイナス。どのくらい営業キャッシュフローか。純利益超えるプラス。我々の成長が終わるのかどうかといういつ門になる。バランスシートの回転数大きくする。今期はプラス想定。大成長。3年で一株利益7割。回転をあげて成長。

初老の男性(H本株主)が、騒ぐ。

質問 従業員が2割増えている。
答え 不動産の価値向上。新しい活動、知識ある人。、価値向上を行える人。テナントさんの満足度。本当に貢献する者を採用。

質問 EPSを狙ってない。納得できない。
答え。株式価値の根幹。今まで税金、非常に低かった。今期、法人税30.7%。営業利益、20%Up。純利益はちょっとだけど、30になれば、営業と純利益をあわせてキャップはあきらめたということになる。

質問 いちごホテルリート上場、おめでとうございます。グループ本体で、オフィス、ホテル、三つ所有している。いちごホテルをつって運営をいちごで行うことは?
今年、インフラファンドが上場? 年々、太陽光の価格が下がっている。太陽光のインフラファンドの成長は。
答え  いちごホテルは、場合によっては。ホテルのオペレートができるかどう検討しているが、既存のコーボレートと試合になるのか。取得は難しい。オペレートに対する深い知識が必要。るうるが、壁を越えないとできない。
インフラファンド、太陽光の上場株、今週第一号IPOする。私たちはその後。安定性は高い。毎年買い取り価格下がる。必要以上に払われない。40円→24円。20年の保証なので、影響受けない。上場利益を確保されている。この事業がどう成長するか。買取価格。発電コスト。低コスト。将来はわからないが、どのくらいの買い取り価格かわかっている。収益性高まる。成長事業になるか、要因はあるので、幅がある。今週のIPOで見極めたい。

質問 消費税導入で移行システム、スムーズにいくのか。軽減税率。
議決権、大株主が行使すると、総会ひらく必要ない。

答え(南川) 簡単にシステム対応できる。納付額、前期で1億7000万。賃料収入。レジデンスは非課税。グロスで80億、レジデンス抜いて4~50億。売却すると、土地非課税駅は課税。
スコット 筆頭株主は自分。暴走してしまうとダメ。権限は取締役会にあり、私は目の前にいて、皆さんの声を聞いている。

質問 無報酬とあるが。
答え 株主として経営しているが、報酬は貰うべきではない。

質問 平均勤務が4.5年と短い。働きがいの向上と矛盾。
答え 新規採用や組織変更前に別の子会社。日本の価値観の中で。お年前の組織変更、新規採用の影響。会社は16年。keepする方針。

質問 第一号定款、「誠実・安心」を削った。
答え 単に企業理念を定めただけ。社会的貢献をしていく。豊かさ、心の豊かさ。社内の安心・誠実はやめない。新しい理念に切り替えただけ。

質問 インフラファンド。自然エネルギーを活用する。メガソーラーについて。キャッシュフローの正確な要素。風力、蓄電池に投資?
答え 風力は意識している。目標として、1~2年で風力に参入。壊れやすいと言われていたが、メーカーの補修、ネットワーク状態はUpしている。安定性のある事業になる可能性高い。蓄電は、採算が合わない。11時15分終了。

■議案採決、11時20分終了。【了】


山口三尊 マネー 株主総会 いちごHD