2016年4月1日発行

【新・株主総会ライブ】楽天〜超優良企業だが、利益に対して配当が少ない

株主優待について/同社HPより

【4月1日、mulan=東京】

楽天株主総会、平成28年3月30日、10時開会。

 出席株主22928人 議決権11959723
 会場出席は1400人くらいか?

■監査報告 
指摘すべき事項なし
事業報告
インターネットが好調

売上 7136億円
営業利益 1522億円
営業利益 947億円
利益 443億円

EC 2.7兆円
セグメント利益 995億円
フィンテック 2751億円
セグメント利益 639億円
その他売上 521億円
損失 86億円

■貸借対照表
 売上4兆2699億円
 負債3兆6059億円
 純資産6640億円

■対処すべき課題
 顧客満足度の向上
 ガバナンスなど。
 楽天経済圏の成長拡大利便性向上

■ビジョン2020
 97年の株式会社化より20年目。ストロング 高シェア、利益率高い。成長率は低い
 スマート ニッチでユニーク。高い成長率で高収益。スピード、積極的成長を目指すビジネス
。1千億円の営業利益を目指す。データを持っているので、広告や通信にも使う。
 エンジニアの8割を英語圏で採用する予定。モバイル重視
 品質向上。顧客満足度向上。競合対策。日用品が強いが、家電が弱い。

■議案の上程

定款の一部変更 電気ガスの供給を追加
取締役8人の選任 4人が独立役員
監査役選任
ストックオプション 役員。従業員
ストックオプション 社外役員
ストックオプション 監査役
ストックオプション カリフォルニア州居住の従業員等

初老の男性が、不信任動議を提出するも否決。大騒ぎのあげく、退場。(大きな拍手)

■質疑応答開始11時〜

問 超優良企業である。利益に対して配当が少ない。当初は事業拡大のため資金が必要だったが、そろそろ配当を増やしてもよいのではないか。配当性向はどう考えているか。

答 ネットが世の中を変える。悩ましいところがあるが、まだまだ売上ベースで2割程度成長している。内部留保により、さらに成長できる。目標のパーセンテージはまだない。徐々に上げていく。

問 独立監査法人は新日本だが、東芝。

答 監査役 当社に対する監査体制は継続的に有効に機能している。コミュニュケーションは有効。監査水準は一定の水準を満たしている。法人として行政処分を受けたため、法人として回線策を策定・実行すると聞いているのでその報告を受ける。これらのことから再任する判断をした。検討は毎年する。

問 時価発行した際、高く買った。こんなに下がるとは。1900円ほどだった。しかし、1,000円程度で推移している。どう考えているのか。早急に対策すべき。

答 株価については重要と考えているが、我々が決めているわけではない。一つは事業をしっかりやっていく。二つ目はIRを出していくことだ。中長期的に持っていただけるようにしたい。
時価発行から下がったことでご迷惑をおかけしている。中長期的ビジョンも出した。

問 コボ扱っている。余命3年時事日記、アマゾンで1位なのに、楽天で出遅れた。こういう姿勢でいいのか。

答 アマゾンと戦略が違い、戦略が違う。取り扱っている本が違う。すべてのジャンルを扱う。本のジャンルも扱っている。改善の余地はまだまだある。

問 サンデーモーニングのような偏った番組にコマーシャル出すな。

答 貴重な意見なので検討する。

問 楽天カードを娘が使っている。私はほしいものがない。娘や孫が楽しんでもらえたら。公募で株を引き受けた。記念配当を考えてほしい。

答 取締役会で検討する。

問 ストックオプションにより株価が落ちているのではないか。

答 従業員を対象に発行しているが、希薄化が1%程度。また、すぐには実行できない。目的は、従業員の引き抜き防止などの意味もある。成長エンジンは従業員のやる気だ。

問 新株予約券で株価が下がるなら配当せよ。

答 成長しているので、まずはそちらに使う。

問 コンビニのポイント戦略について。ファミマで楽天のポイント使えるのか。

答 守秘義務があって答えられない。一般論でこたえる。エディという電子マネーを持っている。楽天ポイントに変えられたりするようにしたい。収益もでている。成長もしている。次は楽天のアカウントがあれはなんでもポイントがつく、払えるというものを目指す。

問 ポイントを使いやすくせよ。

答 貴重なご意見ありがとうございます。

問 サンデーモーニングは最も問題な番組である。放送禁止第一号になりうる番組はおかしい。激しい政治的主張がなされている。花王は、高齢男性向けの加齢集

答 政治的な意図はない。マーケティングの問題である。検討する。

問 ストックオプションについては納得した。サンデーモーニングは、視聴率が高いので広告するのは常套手段だ。

答 はい。

問 アマゾンに飲み込まれるとの論調が多い。私はアマゾンよりも楽天の方が良いと思っている。

答 生活の一部となっている。インドなどではクレージーな競争になっている。損していいというなら駆逐できる。いろいろなポイントを作った。攻撃も大事だ。戦う。楽天は安心して買えて、ポイントもつく、もう一つ、配送。自前の倉庫は割りあわない。業務改善に7割り時間を割いている。

問 海外のEC事業についての現状と見通し。

答 ヤンミムーン 海外ではスマートに力を入れているところが多い。アマゾンのシェアは2割だけ。残りは多くのサイトから。イーベイズは1洗練されている。パーソナル化やポイントなどの戦略がある。

バクスター 楽天は短期的ではなく、長期の戦略でやっている。リンクシェアは買収から10年だ。2つは、カリフォルニア州拠点を作り、新しいビジネスをしている。これにより強みを強化している。コアとなるのはフィンテック投資とテクノロジーへ投資だ。

三木谷 スマホ、データの活用が大事だ。

問 来年は二子玉で。
答 

採決、11時55分終了。【了】

山口三尊(やまぐち・みつたか)
1967年、東京都出身。私立麻布高校、中央大学法学部卒業。資格試験予備校講師の傍ら、カネボウ、“レックスHD株をめぐる裁判で勝利。カネボウ個人株主の権利を守る会代表、アドバンテッジ被害者牛角会代表、東宝被害者の会、ローランド被害者の会代表。大渕愛子被害者の会世話人、不動産鑑定士試験合格。主にMBO裁判の経験をまとめた「個人投資家の逆襲〜金なしコネなし知識なしの弱小投資家が判例100選に載るまで」を刊行。


山口三尊 マネー 株主総会 楽天