2016年3月22日発行

【新・株主総会ライブ】31〜アイスクリーム専門店としての自信を取り戻せ③

アイスキューブ/HPより

【3月22日、mulan=東京】


質問 117番 議案の中で新任取締役候補の松山会長様、経営に復帰するということで、渡辺社長とともにコンビを組んで頑張るということで期待している。ただ一方で、松山氏は過去の実績がある方なので、いま、現状でがんばっている取締役会のみなさんで、チームワークがあるはずだが、そうしたところに松山さんが加わることで、新たな体制で取り組む。その点がうまく展開させてまわるのか心配。松山さんの復帰の狙い。もう少し踏み込んで教えてください。

答 まことにありがたいご質問。私ども先ほど事業報告でご説明したとおり、あらゆる試作でお客様に来てもらうマーケティングプラン実施したが、残念ながら昨年、前年を達成できなかった。ダウントレードが3年続いている。これを一新する必要があった。松山会長は、平成3年から20年まで当社で社長を努められました。この時期は、31がダウントレードからちょうどV字回復を果たした時期。ここでマーケティングを中心に勢いを取り戻すことを牽引された人物なので、この時期にもう一度松山氏を招聘して、私どもと一緒にやっていこうと今回招聘をお願いした。5懸念のチームワークについては、私ども主導権を引っ張っていきながら、過去の事例や色々なアイデアはこういったものは松山氏より随時助言をいただきながら、一緒にやっていこうと。以前も一緒に仕事をしていたし、チームワークにつきましては、心配はいらない。当社の役員の任期は1年でございます。この1年でダウントレードを脱したいということもあり、松山氏のリーダーシップが必要と考えています。

質問 297番(女性) 消費者の一員としての意見。いつも31日は、行列ができるぐらいお客さん並ばれる。平日はいつもあいている。それは安いのが根本。消費者も経済的に大変となったというのもあるんですが、そういう日を少し増やしていただければ消費者としてありがたい。それと、そういうものがなくても、正規の値段で売れていた時期がありました。この日を目指して集まるようになったのは、飽きるというか慣れてしまった。新しい商品、画期的なものができたらいいなと思うのと、いま、冷凍庫みんなあるので、お風呂帰りに食べたいと思う。別に持ち帰り専用で、量があって安いのをつくっていただけるとありがたい。試食があるんですが、それをあまり知らない人いる。店員さんがおすすめしてください店もあるけど、まったくない店もあるので、そのへんも力を入れていただければと思います。

答 ありがとうございます。31日は31パーセントOFFということで、ご存じのお客様はこの日を目指してくるのは事実でございます。こういう日を増やしてほしいというご要望ですが、去年は3月1日、31ということでやりました。また、こういう日が増えすぎてもよくないので、GW、シルバーウィークなど、お客様にめりはりをつけながら、期間限定に31パーセントOFFノヨウナこういったキャンペーンはスパイスとして、入れていくのが効果的かと存じます。
それ以外のご指摘については、先ほど以来いろいろご案内させていただいていますが、色々なキャンペーンを通じて、それ以外でもお店に来る楽しさ、驚き、魅力。飽きがあるのではという指摘ですが、同じキャンペーンでもひと工夫させようと考えています。同じメカニズムのキャンペーンでも、お店に来ていただいて、そこでお客様に何らかの驚きや楽しさ、わくわく感をプライスOFF以外で来ていただかなくてはいけないと考えています。商品面のオペレーションにひと味加えるというのは、ことしのマーケティングプランに加えています。また、テイストオブスプーンについては、私どもの重要なツールなので、お店にの方に、新しいフレーバー、話題のフレーバーを営業の方で指導し実践していきます。

質問 394番 二つ質問あります。一つは損益計算書で、税金が1億7000万となっている理由を教えてください。二つ目は、配当政策出ましたが、一般株主にとって、配当維持は喜ばしいのですが、90パーセント以上が親会社なので、配当維持は、親会社にほとんど配当がいくことになる。一般の株主にだけ配当するということはできるのか。

答 PL、損益計算書、純利益が4900万に対して、法人税等の調整額1億7000万となってなぜこんなに大きいのかということですが、まず課税所得が少なくなりました。課税所得の経産にかんしては、費用に計上できないものがある。その額が増えたので、相対的に大きくなってしまった。これは店舗出店の際に、ショッピングセンターに出店する際の対策費用として、私ども拠出している費用です。これらの費用は、損金に算入できない費用ということです。配当につきましては、配当は、株を持っている人に平等に還元するのが大原則。個人株主様と大株主様に差があるというのは、認められていない。今回の20円の配当についても、個人株主様のこれまでの私どものへの報いるものとして、この状況で、今後の状況を見据えながら、配当をお支払いしているという気持ちです。

質問 122番 ダウントレンドになっていて、大変株主としても心配しています。今回、松山前社長がもう一度戻られるということで、みなさんの革新的なチームワークと新しいトレンドをつくりだすということで期待しています。松山さんがもう一度取締役会に入ることで、アップトレンドをつくりあげる原点は何なのか、原点に返って、正しい戦略をとっていただきたいと、切にお願いしたい。アイスクリーム専門店、日本唯一のアイスクリーム専門店としての自信を取り戻してほしい。最近、店にいくと、正直いうと、お店に入っても何を買いたい、何を売りたい、何を訴えたいかというのがあまりにたくさんありすぎる。アイスクリーム専門店としての自信を取り戻す経営戦略を改めて1年お願いしたい。これは希望です。

答 激励の言葉頂戴しましてありがとうございます。大変ご心配ということで、みなさまにご心配をおかけしています。改めて深くお詫び申し上げます。自信を取り戻せということでございます。先ほど、松山氏が新任ということですが、今のご指摘にもあましたが、私ども今年、成長してきた強かった31に原点回帰すると。これは大きなテーマです。その時代と同じことをするというわけではなく、外的環境や人口動態も変わっていますので、それにあわせて、新しいプロモーション、お客様に再度、31に興味を持っていただく。それによってお店の売り上げ、私どものブランド回復、自信回復につなげていきたい。

質問  78番 いままでやってきたことの話はうかがえたが、今後について気になりました。中期経営計画とかあると思うのですが、話できるものがあれはお伺いしたい。

答 私どもの中期経営計画は、今年が第五次中期経営計画の3年目。今年の状況は、数字の面では181億の売り上げ、営業利益で3億7000万 経常利益3億6000万、当期純利益で8700万、ということで、今年はなんとしても増収増益を達成していくという数値目標を立てています。そういう中で何をしていくかというと、まず売り上げを立てるために、マーケティングを強化。既存店の売り上げの回復でございます。マーケティングプランを原点回帰ということで、過去成果のあったマーケティングプランを組み入れ、上手に今年もプランに組み入れ、それに新しい手法を加え、今年はターゲット層を女子中高生に置いています。彼女たちが1番情報を拡散してくれるということ。若年層から高齢層まで幅広く売れ行きが上がるという結果が出ていますので、ターゲティングの見直し、物流面も含めたコストの見直しはかっていきたいと思う。資源量、原価原料の高騰に関しては、グループ内で共同購買をすることで、コストアップの抑制、コストダウンにむけます。物流につきましても、効率的な配送、積載率の縮小、これは店舗なども含めまして、我々の抱える事業基盤の脆弱なところをここを改善しているということで、先ほどもうしあげました新しい事業改革推進室でやっていく。今年スタートして、来年以降に向けて、現在の設備過剰状態に改善に向けて販路拡大をやっていく。

今年は、増収増益、利益を出すということをやっていく。今後は新しい分野への参入を推進室の動向を見極めながら、どの程度成長できるかを数値化し、また既存のコアのビジネスについても、1300店という目標に向けて出店、また改装することで店舗の売り上げはかなり戻ってくる。こうした施策をやりながらやっていこうと考えている次第です。

質問 290番 2点教えてください。各店舗で働いている方の、アルバイトの方が多いと思いますが、平均的な勤務年数。人手不足といわれている中で、勤続何年ぐらいの方多いのか? 
もう一点はキャンペーンのグッズは好評なのかどうか気になっています。正直、数十年前とあまり変わらないものを出している感じがする。今のターゲット層が中高生だけど、マッチしているのか。費用対効果について教えてください。

答 バイトさんの勤務年数は、これはフランチャイズビジネスなので、各店舗さん、オーナーさんのもとで雇用契約を結んでいるので、オーナーさんによっても違いがあると思います。大学に入ってアルバイトはじめてという人もいれば、なじめなくて数ヶ月でやめる人もいるので、一概にはいえませんが、卒業しても勤務している人もいると聞いている。一概には申し上げられないのですが、各加盟店がさまざまな工夫をしているので、比較的長いのでは。
キャンペーンのグッズは耳が痛い部分。ターゲット層だけでなく、高齢者やお子様に魅力を感じる商品の開発をしていますが、今年はそういったマーケティングのプレミアムなどもみながら、マーケットをみながら、どういった商品が受けているのか、リサーチして察知していかすよう指示しています。以上です。

ご質問ございませんでしょうか。

■議案の採決

第一号議案 賛成の方は拍手をお願いします。ありがとうございます。議決権行使書の賛成も含めた過半数のご賛成です
第二号議案 定款一部変更について 同上
第三号議案 取締役7名選任の件について 同上
■選任されました,取締役についてのご紹介
私が渡辺でございます。松山和夫氏でございます。安斉昌明氏でございます。ビル・ミッチェル氏でございます。ポール・レイニッシュでございます。櫻井康文氏でございます、飯島幹生氏でございます。

第四号議案 退任取締役について 同上

本総会理事はこれをもって終了いたします。(11時20分)
■新任の松山和夫氏より株主のみなさまにご挨拶

松山和夫です。この度、ご選任賜りまして、まことにありがとうございます。このような時期に、株主のみなさまからもお話ありましたように、大変な重責を感じております。みなさまのご期待にお応えすべく頑張りたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。【了】


マネー 株主総会 31 山口三尊