2015年9月4日発行

どうなる防衛省人事と安保法制

テーミス9月号

【9月4日、mulan=東京】

発売中の「THEMIS」9月号で、代表の横田由美子の連載記事「政官パトロール 防衛省----『安保法制度』で組織&人事が変わる」が掲載されています。

6月の防衛省設置法改正で、省内に新たな外局「装備庁」が10月に出来ることになりました。新長官は次官級(今の年次では幹部の人数が少ないのに、次官級ポストばかり増えていいのか? という疑問もありますが・・)。それに伴い、内局は大幅な組織変更がなされ、人事も大きく変わることが予想されます。

そのあたりの背景を含めて、予想しています。

また、8月には制服組のスター・番匠幸一郎西部方面総監が、まさかの退官。出馬も噂されていますが、同期のライバル磯部晃一東部方面総監も退官。

安保法制も強硬突破の様相となってきた今、会期末後の方がむしろ気になるところです。【了】


PR テーミス 霞が関 防衛省