2015年6月8日発行

代表、霞が関で「イケメン」を探す!

ZAITEN7月号

【6月8日、mulan=東京】

発売中の「ZAITEN」7月号で、弊社代表・横田由美子の「霞が関官僚実名録」(vol.23)が掲載されている。

今回は、「財務省の貴公子」と異名をとったイケメン官僚をさがした結末に着目していただきたい。

ちなみに、霞が関には、「●●省のキムタク」とか「ミスター●●省」などの冠を持つキャリアが意外といる。財務だけでなく、厚労、外務などの(元?)イケメン官僚には、若かりし頃の伝説がいろいろある。

例えば、厚労省のキムタクと呼ばれた山崎史郎内閣官房副長官補(厚生、53年)が広報室長時代には、「史郎ちゃんに会いたい」という、ただそれだけの理由で、厚労記者クラブに朝から詰めて待っていた女性記者が数知れずいたとのこと。

代表も含めてだが、みなその根性と執念をもっと実際の仕事に向けてもよかったのではと思う次第である。

また、安保法制で国会が混迷を極める中、防衛省のミスター安全保障・高見澤将林内閣官房副長官補の去就にも注目だ。【了】


霞が関 PR ZAITEN