サイト名「ムーラン」の由来

古代中国を舞台にした伝説「花木蓮(ファ・ムーラン)」を下敷きにしたディズニーのアニメーション映画「ムーラン」に因んでいます。

ヒロインのムーランは美しく、男勝りで、明るい性格。ある日、騎馬民族が襲来すると、各家男子一人の徴兵令が下ります。ところが、花家の男子は、高齢で闘病中の父親のみ。そこで、ムーランが父の代わりに男装して従軍します。努力と才覚で仲間からの信頼を勝ち得ますが、女とばれて、軍を追放されます。しかし、潜伏していた騎馬民族が急襲するや否や、再び軍に合流し、大活躍します。皇帝からは、「女性でありながら勇敢に戦ったこと」を認められ、秘宝を下賜されます。そして父母の待つ故郷に戻ると、「誇り」をもって迎え入れられただけでなく、ムーランが恋心を抱いていた隊長が訪れ、結ばれるのでした。

女だてらに軍(男社会)で、知恵と勇気と努力でその力量を認められ、さらに愛する人とも結ばれるというストーリーは、本サイトの掲げる女性像に非常に近いと感じています。

また、ムーラン(木蓮=モクレン)は、モクレン属(magnolia)の植物で、日本のコブシの花も含まれます。コブシは早春に他の木々に先駆けて、白い花を梢いっぱいに咲かせます。そのため、日本では古来よりコブシの咲き具合に応じて種子を撒くなど、農作業の指標として用いられてきました。

サイトロゴの白い花は、このコブシに咲く花をあらわしています。枝を折ると芳香が湧出し、樹皮は煎じて飲むと風邪薬にもなるという、見た目に美しく、なおかつ治療にも使えます。つまり、「ムーラン」の読者層に持ってもらいたい「美・知恵・勇気」を象徴する花なのです。